天然ガス自動車とは

天然ガス自動車はシンプルな構造で実用的

天然ガス自動車の構造はガソリン車とほぼ同じで、異なるのは燃料供給系のみです。高圧ガスを充填する容器は衝突テストや火災テストにより安全性も実証されています。また、アイドリングストップ機能を持つ天然ガス自動車も設定されており、より一層の環境負荷の低減と燃料消費の抑制も実現しています。

【天然ガス自動車の燃料】
天然ガス自動車の燃料となる天然ガスは、気体のまま圧縮した状態でガス容器(燃料タンク)に充填されています。この天然ガス自動車の燃料のことを、圧縮天然ガス=Compressed Natural Gas=CNG と呼びます。

エネルギーセキュリティに貢献

天然ガス自動車は、石油代替エネルギーを燃料とする自動車です。

天然ガスは、産出地域が世界各地に分布しており、大規模埋蔵地域が集中する石油よりも価格変動や輸出入のリスク分散が可能です。天然ガスの可採年数は、約53年で非在来型のガスもあわせると約222年もあるといわれています。米国のシェールガスなどの非在来型ガスの開発により、世界の天然ガス供給量の増加や、市場価格の安定化が期待されています。2017年度後半には、大手ガス会社により米国からシェールガスの輸入が開始されます。
また、日本の周辺海域では大量のメタンハイドレートの存在が確認されており、産出技術の研究が進められています。
※メタンハイドレート:メタンを中心にして周囲を水分子が囲んだ形になっている固体結晶で「燃える氷」とも呼ばれる。

交通・物流ネットワークの強靭化に貢献

災害時の供給安定性
東日本大震災直後も天然ガススタンドは支障なく営業継続

東日本大震災直後、軽油やガソリンはひっ迫しガソリンスタンドの給油制限や、営業時間の短縮が相次ぎましたが、天然ガススタンドは支障なく営業を継続しました。

レジリエンスステーションとして災害に強い天然ガススタンド

災害に強い強靭な燃料供給システムを確保することは、BCP(事業継続計画)を高める上で非常に重要な戦略の一つです。東日本大震災、熊本地震の直後、天然ガススタンドは支障なく稼働し、安定した燃料供給を実現し、災害後の物流に大きな貢献をしました。

天然ガススタンドのガス管は、ほぼ全て中圧で供給されているため、東日本大震災、阪神大震災、熊本地震クラスの地震にも十分耐えられる構造となっています。そのため、ほとんどの天然ガススタンドは営業を継続できました。

レポート一覧

お知らせカテゴリー

pagetop▲